自賠責の上乗せができる

自賠責保険は加入する事を義務付けられている保険ですのですべての車が加入しているはずですが、保証の対象は人身保証だけです。

 

死亡事故で3000万円まで怪我のときは120万円まです。

 

これはどちらも現在の補償の相場からすれば十分な補償額とはいえない金額です。

 

死亡事故でも3000万円以内ですむことは少なく、怪我の賠償の120万円は少し大きな事故ならあっという間に限度を過ぎてしまいます。

 

そこでそれに上乗せして足りない補償額を保証してくれる保険です。

 

つまりもし金額が足りるようなら人身事故でも任意保険の方は使われない事になります。

 

実際のところ死亡事故はともかく小さな人身事故の場合は120万円の限度額で十分な事も多いからです。

その為に補償額が非常に大きいにもかかわらず、掛け金はそれほど高くありません。

 

また賠償額を減らしてもそれほど安くなりませんのでほとんどの人が賠償限度無制限の保険に入っています。

 

しかし休業損害などの補償は任意保険でなければ十分な金額は出ないので、すぐに上乗せ分で保証される事になります。

 

また非常に重要な事ですが補償の対象は他人に限られる事に注意してください。

 

駐車場で家族をはねてしまった場合など補償の対象になりません。