自然災害で生じた損害は補償の対象外

自動車保険に加入する場合、「対人賠償」と「対物賠償」がベースとなります。

 
対人賠償は、自動車事故による相手方の「人」に対する損害を補います。

 
対物賠償では、相手方の「物」に対する損害を補います。

 
そして、これらの賠償に加え、車両保険に加入していれば、事故における自分の車両への修理費を補えます。

 

 

こうして、「対人」「対物」「車両」の保険に加入していれば、すべてをカバーできるのでしょうか。

 
実は、どうしても補えないものがあります。

 
それは、自然災害に由来するリスクです。

 
ただし、すべての自然災害由来のリスクが補えないわけではありません。

 

 

大雨や台風などの風水害でクルマが浸水したり、損壊した場合は、車両保険により補償されます。

 
降雪や雹(ひょう)などの自然災害もカバーできます。

 

 

しかし、地震や噴火に伴う損壊についてはカバーされません。

 
例えば、地震による津波でクルマが浸水した場合はカバーされません。

 

 

台風による浸水で損壊した場合はカバーされるのに、同じ浸水被害でも地震が原因の場合はカバーされないのです。

 
このように、自然災害によりクルマが損壊した場合、どのような災害に起因するかでカバーの有無が異なってくることに注意が必要です。