運転者が死傷した場合

対人保険は被保険者の過失で被害者が出来たときにそれを賠償する保険ですから、被保険者つまり運転者が死傷した場合には自分の保険からは損害賠償は出ません。

 

自分の自賠責保険からもでません。相手がある場合には相手の自賠責保険や相手の大意人保険から過失割合に応じて賠償されることになります。

 

対人保険はあくまで自分の過失で第三者に被害が起きたときのための保険です。

 

したがって単独事故である場合には出ませんし、単独でなくても停車中の車に追突した場合など、相手に過失がないと判断される場合があり、その場合は自分の保険はもちろん相手の保険からも賠償はありません。

 

相手があり相手の過失がある場合には相手に過失割合なりの賠償責任が生じて、その分相手の自賠責保険なり対人保険なりから賠償されることになります。

 

もし自分の責任で起こった事故で自分に対する被害に備えようと思うのなら別の用意が必要です。

 

具体的には人身賠償保険あるいは自損事故保険、搭乗者保険などに入っておくことで自分の責任で自分や家族などの身内、あるいは乗り合わせた第三者の被害に備えることが出来ます。

 

現在一般的で多く加入されているのは人身傷害保険でこれは対人保険の裏返しとも言うべき物で、自分の過失で自分や家族を加害した場合に保障されます。