故意の事故はもちろん保険金はおりません

交通事故を起こした場合、通常、自賠責保険と任意の自動車保険から相手と自分への補償が行われます。

 

しかし、起こした事故が故意であった場合については違ってきます。

 

例えば、相手に対して被害を与える目的で起こした場合や飲酒運転によるもの、麻薬を摂取した状態での運転によるもの、無免許運転によるものなどが含まれます。また、病気等の申告をせずに起こしたものも含まれます。

 

まず、自賠責保険については被害者の保護のための制度です。

 

そのため、加害者に対して保険金は支払われます。

 

しかし、任意保険からは支払われません。

 

ただし、被害者から直接請求された場合には保険会社は支払いに応じなくてはなりません。

 

しかし、これでは加害者に対して何のペナルティがないようにみえます。

 

しかし、保険会社は被害者に支払った後、保険会社は政府の補償事業に請求します。

 

そして、政府は事故を起こした加害者に対して、求償していくため最終的には加害者が賠償しなくてはなりません。

 

また、業務中での事故が故意であった場合、その加害者を雇用している企業に使用者責任を問われる可能性もあります。

 

ただし、これらに関しては状況等によって変わってくるため一概には言えません。