契約した保険金額を上限にできる

保険では、支払い金額の上限が設定されます。これを保険金額といいます。

 

上限額は一定の定められた額が設定されることが通常ですが、対人や対物の場合は無制限で契約することも可能です。

 

特に対人事故では高額な損害賠償を求められる可能性があります。

 

死亡事故や後遺障害の事故で裁判となった場合で日本の最高額の判決は5億円台のものがあります。

 

この事故の被害者は眼科医で事故の数年前から毎年5000万円前後の収入がありました。

 

この収入額をベースに将来事故がなければ得られたであろう収入額を算出し、そのほかに葬儀費や慰謝料を合計していった結果、そのような金額になりました。

 

仮に対人賠償の上限額を1億円にしていたとすれば、残りの4億円を自己負担しなければならなくなります。

 

無制限で契約しておけば、全額を保険会社が支払ってくれます。

 

これほどではなくても2億円や3億円前後の賠償金であれば、それほど珍しくはありません。

 

特に重度の後遺障害が残存した場合は、高額所得者でなくても高額な賠償金を命じられることが、死亡事故に比べると多くなります。

 

これは、将来の介護料や家屋の改造費といった名目の賠償金が発生するためです。

 

対人賠償は必ず無制限にしましょう。