高額な賠償額に備えるための補償内容

昨今は交通事故等により高額な損害賠償となるケースが増加しています。

 

これは、過去に比べると社会全体に被害を被った際の被害者意識が強まっており、お互い様の精神が薄まってきたことに大きな要因があります。

 

交通事故はいつ誰でも加害者になる危険性があり、加害者と被害者は紙一重という背景もあります。

 

もちろん飲酒運転やひき逃げといった悪質なものは論外ですが、どのような事故であったにせよ、お互い様の精神は失いたくないものです。

 

さてそのような背景の中で高額な補償が必要になることがあります。

 

このような場合にどのような保険に加入する必要があるのでしょうか。

 

まず自動車の人身事故や対物事故については支払額無制限で契約を行えば問題はありません。

 

無制限にしておけば加害者となった場合に法律上支払わなければならないものについてはすべて自動車保険で支払ってもらえます。

 

保険以外に負担しろと被害者が言ってきたとしても、法律上は支払う必要はありません。

 

また自転車にのっていて相手に怪我をさせたような場合も高額な補償をひつようとすることがあります。

 

このような場合でも自転車保険に加入すれば保険で支払ってもらえるため、自転車に乗る場合は保険に加入しておくべきです。