注意しておくポイント

保障されるのは被保険者が加害者である事故の怪我、後遺症、死亡であることです。

 

つまり事故があり、お互いにケガ押した場合、相手のケガの保証をするのはこちらの自賠責保険と対人賠償で、こちらのケガの保証をするのは相手の保険です

 

。つまり被保険者の責任で第三者に被害を与えた場合にしか保障されないということです。

 

また自賠責保険もそうですが、過失割合があり、事故の際に過失分しか補償しません。

 

被保険者が過失により与えた被害を過失分だけ補償するということです。

 

また第三者という点も重要です。つまり過失が被保険者にあっても自分や家族などの身内への被害は補償されません。

 

これは自賠責保険も同じです。

 

つまり単独事故など自損事故の場合に被害者が自分や身内の場合には過失が被保険者にあっても被害者が第三者でないので保証されません。

 

ただし同乗者が家族でない場合は第三者ですので保障されます。

 

また過失割合に応じて保障されるので、たとえば停車中の被保険者の車に追突して死傷した車が合った場合、被保険者に過失がないと判断されれば、この事故で死傷があっても過失割合から保障されません。

 

この場合は自賠責保険も出ません。このように全ての事故を保障するものではないので注意が必要です。