対人賠償保険とは

対人賠償保険とは、交通事故で相手に怪我をさせたり、死亡させたりした場合に、支払うべき損害賠償額が自賠責保険の補償上限額を超えた時に、不足分の支払われる保険のことです。

例えば、交通事故によって相手側に5,000万円の賠償金を支払うことになった場合、自賠責保険における補償上限額は3,120万円なので、1,880万円が保険会社から支払われます。

また、実際の被害額だけではなく、精神的苦痛に対する慰謝料や、治療のために仕事をしなかったことによる休業損失なども補償されます。なお、被害者救済の観点から、無免許運転や酒気帯び運転などによる事故であっても保険金は支払われます。さらに、1度の事故で被害者が複数いた場合は、それぞれの被害者に保険金額を限度とする補償が得られます。

ところで、補償されるのは「他人」だけのため、記名被保険者(契約者)の配偶者や家族などは補償の対象になりません。従って、自分の子どもを引いたり、自分の車に同乗していた親がケガをしたりしても、保険金は支払われません。

ちなみに、他人に傷害を与えた場合に支払われる金額は、被保険自動車の過失割合に相当する金額だけです。また、被保険者の了解を得て、知人が被保険自動車を運転していて死傷した場合は補償されません。さらに、台風や地震などの自然災害によって事故を起こした場合も補償の対象外です。